夫婦

健康状態の改善に効果あり!腸内環境から正常にしよう

体に良い成分

男女

肝臓や疲労回復への効果

オルニチンとはアミノ酸の一種で、様々な健康効果が得られるため多くの人々から注目を集めています。特に注目されているオルニチンの効果は肝臓を健康にしたり、疲労回復をサポートするというものです。オルニチンとは本来私たちの体の中にあるもので、重要な働きを行っています。アルコールが体内に入ってくると、肝臓にてアンモニア解毒を行い正常な状態にする働きをします。また肝機能が低下すると疲労を感じやすくなると言われています。食べ過ぎやアルコールの過剰摂取、睡眠不足や精神的なストレスは肝機能の低下を引き起こし、肝臓に脂肪が沈着して疲労を感じやすくなります。このような症状があれば、効果的にオルニチンを摂取してみましょう。

サプリメントでの摂取

オルニチンは食品の中にも含まれています。オルニチンが含まれている食品としてはキハダマグロやチーズなどが挙げられますが、特にたくさん含まれている食品はシジミです。シジミには100グラムあたりオルニチンが10.7ミリグラムから15.3ミリグラム含まれており、他の食品に比べて圧倒的に多いと言えます。従ってアルコールを飲んだ翌日などにシジミ汁を飲めば、肝臓の働きを正常にする効果が期待できます。また牛乳やホタテ、イカやアサリなどに含まれているタウリンやアラニン、ビタミンB12などをも一緒に摂取すれば、さらに高い効果が期待できます。これらの成分は食品から摂取することができますが、必要な量を摂取するためにはサプリメントの利用がおすすめです。